夏の生酒

奥の松 純米吟醸生原酒


白嶺 香田 特別純米酒生酒


冬から春にかけて搾られたお酒は、夏を迎える頃に荒々しさがやわらいでまろみをおびます。
そのフレッシュな味わいを大切に、いっさいの火入れをせずに低温熟成させ本生でお届けするのが「夏の生酒」。
爽やかな香りと清涼感あふれる涼味が汗ばむ季節に嬉しい、夏の味わいです。
デリケートなお酒なので、その昔は夏場に生酒は飲めませんでした。貯蔵・流通・梱包技術が整備された今だからこそ楽しめる贅沢な味わいです。
「夏の生酒」の魅力は、なんといっても清涼感あふれるみずみずしい味わい。華やかな香りとフレッシュ感は新酒の頃そのままに、と同時に、搾りたての頃の跳ねるような荒々しさはなりをひそめ、まろみをおびたやわらかな口当たりを楽しめます。
飲み比べるとわかりやすいのですが、他の日本酒が「重い」と感じるときにでも、その口当たりの軽やかさ、爽やかさには驚いてしまうはず。
冷えたグラスを口に運べば、華やかな芳香が広がり、軽快ではつらつとした味わいが駆けぬける--“涼味”とは、こういうものか、と心底、実感できます。その味わいは「冷」というより「涼」。たとえて言うなら、キンキンに冷えたクーラーの冷気ではなく、夕立ちのあとにサッとふく涼風の心地よさ。昼間の暑さと戦っていた身体に、ほっと一息つかせてくれる爽やかさです。
旬なお酒「夏の生酒」の爽やかな味わいは、汗ばむ季節にぴったり。キリリと冷やしてお召しあがりください。